残暑の疲れた身体に取り入れたい『重炭酸塩』

今年の夏は、本当に暑かった・・・暑すぎましたね。

最近は涼しい日も多くなり、秋の訪れが喜ばしく感じます。

暑さがストレスとなって頭がボーっとしたりイライラしたり・・・また、冷たい物を飲食しすぎて胃腸が疲れたり・・爽やかな季節が訪れても、身体に溜まった「残暑疲れ」が堪えてくる時期でもあります。


そんな事を書いている私ですが、気分だけでも本を読む時間を増やそうと思い、最近は意識的に本屋に足を運ぶようにしているのですが、ついつい新しい雑誌がならんでいる棚で色々な情報誌を見てしまうのですが、


最近、巷の雑誌でよく見かけるようになった「緑色のボトル」のミネラルウォーターがありまして・・・当然、知らないお水に出会う時は成分表示に最初に目がいくのですが。

このお水、それ以上に目を奪われてしまったのが、原産国の『ジョージア国』という地名。


ふーん・・・ん?

ジョージア国ってどこ??


世界地図や地名には比較的詳しい方だ~なんて思っていたのですが、ジョージア=旧グルジアの事でした!!

知らなかったー・・お恥ずかしい。。

3年前に日本での呼称が『グルジア』だった国が『ジョージア』に変更になっていたんですね!!



そんな、ジョージア(旧グルジア)からやってきたのが、『GHLAVI(ナベグラヴィ)』というお水。

最近日本でも飲む方の割合がかなり増えた、天然発泡水です❤︎


先日、お友達主催のイベント時に素敵なご縁があり、実際に飲む機会があったのでレポートさせていただきます。
取り扱いのあるボトルサイズが数種類あるのですが…
発泡タイプなので、片手におさまる200mlが、飲みきりサイズでおススメです。

【ナベグラヴィ】原産国:ジョージア

硬度 376 mg/l     の中硬水。マイルドな天然発砲タイプで、軟水になれた日本人にもとても飲みやすいお味です。


 ※以下、全て単位は(mg/l)

  Ca 66    Mg 53      Na 660   HCO3-(重炭酸塩)2250



特筆すべきは、重炭酸塩(HCO3-)という成分が2250mg/lとずば抜けている点ですね。。



重炭酸塩(HCO3-)の効果は…


空腹時の胃酸の補充し、膨満感や胸焼けの緩和や消化をサポート。

その結果、便秘の解消にも効果を発揮します。温泉水にも多く含まれる成分で、『飲む温泉』等を試飲した方がお通じが良くなったりするのも、重炭酸塩の効果だったりします。

また、炭酸ガスは血中にすみやかに吸収され、血行を回復。そして、疲労物質である「乳酸」の柔和にも役立つという…!!


そこに合わせて、利尿作用もある事から、美容を気にする女性から、身体の回復が大切なスポーツ選手まで、幅広い層の方にとても効果的なお水だと言えます。



では、 ほかにHCO3-(重炭酸塩)の数値の高いお水をピックアップしてみますが、、


  ◾︎ヴィッシーセレスタン(フランス) 3000mg/l

   硬度290で、ナベグラヴィと同じ中硬水に該当。Na 1100mg/lを含むので、ほのかに塩味を感じるお水です。


  ◾︎ヴィッチーカタラン(スペイン) 

   硬度82の軟水ですが、こちらもNa1097を含み、やや塩味を感じるお水です。炭酸が強いのも特徴です。


  ◾︎ゲロルシュタイナー(ドイツ)1816mg/l

   コンビニでも入手可能な硬度1302の超硬水。炭酸が強いので、超硬水特有のもっさり重たい感がなく、比較的スッキリした飲み口ですね。Ca348、 Mg108と、ミネラルバランスの良いお水です。


…と、他にも色々なお水が日本国内で販売されています。


これらの重炭酸塩の含有量が多いお水と比較した場合、ナベグラヴィの特徴は「味」。
最も日本人の舌に馴染みやすいお水ではないかな?と思います。
実際、ホテルディナーの途中から、かなりの量を頂いたのですが、
様々なお料理と合わせても、味の邪魔を
せず、膨満感もさほどなし。
発泡タイプですが、気泡が小さく、マイルドな微炭酸。強すぎる炭酸は口を刺激して繊細なお料理の味を感じにくくしてしまいますが、微炭酸が口の中をスッキリさせてくれるので、違和感なし。コース途中に挟むには効果抜群です。

また、私的な事になってしまいますが…
私はやや逆流性食道炎の気があるもので、胃酸をセーブしてもらえるのはかなり有難いお水だったりします。

「胃」が弱い方、胸焼けを感じやすい方、ぜひ生活の中に重炭酸塩を多く含むお水を取り入れてみてはいかがでしょうか?

普段は他のミネラル含有量の多い『超硬水』を愛飲している私ですが…
胃酸セーブと疲労回復効果を期待して、『重炭酸塩』に特化したお水も日常水に取り入れていきたいと思います。

【ナベグラヴィ】に対して、欲をいえば…。
今後、コンパクトに廃棄可能で手軽に持ち歩ける、軽いボトルorパウチタイプが販売されたら嬉しいところですね(^^)
 

『Aqua Life Planner』Maki's site

水の専門家・【アクアソムリエマイスター】が、『水』と『潤い』をテーマに、楽しく・美しく・健康なライフスタイルをご提案しています♫

0コメント

  • 1000 / 1000